ホットトピック 3/17 企業のエシカル通信簿 第5回結果発表会(スーパーマーケット大手6社対象)

2021年度はスーパーマーケット大手6社対象に調査

消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)では、環境、人権、平和、動物の福祉などに配慮した持続可能な社会を実現するために、市民目線で企業の取り組みをウォッチし評価する「企業のエシカル通信簿」プロジェクトを実施しています。

第5回となる2021年度は、スーパーマーケット大手6社を対象に詳細な調査を行い、成績をつけました。

「エシカル通信簿」の成績を発表すると同時に、私たちSSRCが何に重点を置き、どんな方法で企業を評価しているのか、実際に日本の大手スーパーマーケット企業はどのような取り組みを行っているのか(いないのか)、また私たち消費者に求められることは何か、などを、コンパクトにお伝えします。

企業のCSR/ESG/SDGs担当の方はもちろん、学生・一般の多くの方のご参加をお待ちしています。

【日時】2022年3月17日(木) 14:00~16:00
【開催方法】オンライン(Zoom)
【参加費】無料(要 申込)
【定員】80人
【申込締切】3月16日(水)

【申込フォーム】https://forms.gle/ZWuk6eUARoviwaDE9
*お申込みの方に、発表会当日の12:00までにZoomのURLをお送りします。
*フォームを利用できない方は、末尾に記載のSSRC事務局にお名前、ご所属、連絡先(電話、アドレス)を添えてお申し込みください。メールの件名は「エシカル通信簿結果発表会申込」としてください。

 

【消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC) とは】
2016年1月発足。環境・人権・消費者・アニマルウェルフェアなどの多様な分野を専門にする北海道から沖縄まで39の市民団体が参画し、企業調査や情報発信、セミナーの開催等を行っている。
フェイスブックはこちら

【企業のエシカル通信簿 とは】
2016年からこれまでに10業種の大手48社を対象とし「サステナビリティ体制」「消費者の保護・支援」「人権・労働」「社会・社会貢献」「平和・非暴力」「アニマルウェルフェア」「環境」の7分野について調査・評価したもの。公開情報をもとに調査・採点し、発表前に各企業に調査結果を送付して内容を確認していただいた上で、企業のエシカル度をレイティング・発表している。第1回(食品加工、アパレル)、第2回(化粧品、宅配、コンビニ)、第3回(家電メーカー、外食チェーン)、第4回(飲料メーカー、カフェチェーン)(詳しくはこちら

【SSRC事務局 問い合わせ】
E-mail:ssrc@kankyoshimin.org
FAX :075-211-3531 (環境市民)

 

ページの先頭へ