『企業のエシカル通信簿』第4回結果発表

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

2019年度(第4回)「企業のエシカル通信簿」プロジェクトでは、多くの消費者が毎日のように利用し、プラごみ問題等で対応が注目されるカフェチェーン大手5社と飲料メーカー大手5社を対象に、「持続可能な開発(社会)」「環境」「消費者」「人権・労働」「社会・社会貢献」「平和・非暴力」「アニマルウェルフェア」の7つの項目について詳しく調査をいたしました。

調査票、調査結果コメント、レーダーチャートは以下よりダウンロードできますのでぜひご覧ください。なお、第1回(食品加工、アパレル) 第2回(化粧品、宅配、コンビニ)、第3回(家電、外食)の調査結果はこちらからご覧いただけます。

 

企業のエシカル通信簿 2019年度 調査対象企業
*【 】内は、本報告書内で使用する略称。

飲料メーカー(5社)
アサヒグループホールディングス株式会社 【アサヒ】
株式会社伊藤園 【伊藤園】
キリンホールディングス株式会社 【キリン】
サントリーホールディングス株式会社 【サントリー】
日本コカ・コーラ株式会社 【コカ・コーラ】

*「飲料」とは、お茶飲料、コーヒー飲料、炭酸飲料、ミネラルウォーター、野菜・果実飲料、スポーツ・栄養ドリンク、乳性飲料などを含み、「清涼飲料」ともカテゴライズされる。
*ホールディングスの場合も、原則として、「飲料」事業を行っている企業(アサヒ飲料株式会社、キリンビバレッジ株式会社、サントリー食品インターナショナル株式会社など)の活動を調査対象とする。ホールディングスに属している他の事業(酒類、食料品、薬品など)を行う企業限定の取り組みは、評価対象とはしない。ただし方針、計画など、当該事業企業も含まれると認められる取り組みは、評価対象とする。

カフェチェーン(5社)
株式会社コメダホールディングス 【コメダ】
株式会社サンマルクホールディングス 【サンマルク】
スターバックスコーヒージャパン株式会社 【スターバックス】
タリーズコーヒージャパン株式会社 【タリーズ】
株式会社ドトールコーヒー 【ドトール】

なお、調査結果の確認を全ての対象企業にお願いしています。今回は、アサヒ、キリン、サントリー、コメダから返答を得ましたが、返答がなかった企業については公開情報をもとに調べた内容を最終調査結果としています。

<2019年度第4回「エシカル通信簿」調査結果>

2019年度(第4回)「企業のエシカル通信簿」調査票

2019 なぜエシカル通信簿をつくるのかと調査概要

2019年度(第4回)「企業のエシカル通信簿」レイティング(全体)

2019年度(第4回)「企業のエシカル通信簿」全体レーダーチャート

2019 年度 (第4回)企業のエシカル通信簿 調査結果 分野別レーダーチャート

 

<各調査項目コメント>

ア 持続可能な開発

イ 環境

ウ 消費者

エ 人権・労働

オ 社会・社会貢献

カ 平和・非暴力

キ アニマルウェルフェア

【この事業は公益財団法人ウェスレー財団とパタゴニアの支援を受けて実施しています】


<ご寄付のお願い>

消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワークでは、今後もこの「企業のエシカル通信簿」の活動を継続することによって消費のあり方をエシカルなものへとシフトさせていこうと考えています。つきましてはぜひこの活動へのご寄付をお願いいたします。ご寄付はこちらからクレジット、もしくは銀行振り込みにてすることができます。

ページの先頭へ