関連ニュース 「エシカル消費・商品等に関する意識行動調査」の結果@京都

環境市民で担当させていただいた、「エシカル消費・商品等に関する意識行動調査」
の結果が発表されました。(京都府の府民生活部消費生活安全センターからの委託)

http://www.pref.kyoto.jp/shohise/tyousa/201609.html

この調査はエシカル消費・商品に関する府民の意識や行動を把握するために実施され、

調査結果は、府民のエシカル消費・商品に対する理解や日常生活への浸透を深めるための

有効な取組、企業への発信に活用することを目的に行われました。

インターネットによる無作為調査で京都府在住の1000人を調査対象に回収されました。

調査結果の概要としては以下の3点があげられていました。

  • エシカル消費の理念は、消費者に受け入れられつつありますが、買い物の際に意識するのは「価格」や「安全性」等となっており、エシカル消費に対する「消費者の意識」と「消費者の行動」にズレがあります。消費者の選択と行動が企業行動を変えるという意味でより積極的な消費者の行動が課題です。
  • 商品の種類や販売している場所、社会貢献の内容など消費者の選択を支援する情報発信が重要です。
  • 消費者の選択、意思決定に大きな影響を与える企業等に大きな役割が求められています。

 

ページの先頭へ